わるもののテキトー折り紙日記2

趣味レベルの折り紙についてのブログです。   折り紙のコンセプトは 「一枚、不切にはこだわらない」ことと、 「誰でも折れる」ことです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

教育を考える2

さて、昨日の続き。

文章はうまく繋がってないですがカンベンしてください。

そもそも、教育現場での体罰が取りざたされてきた頃からの「弱気な教師が子供を強く叱れない」状況が、叱るかどうかを決める教師個人の資質によるものではなくて「そもそも叱ることが許されない」妙な状況になってきたのはいつ頃からなのだろう?
私が子供の時分、せいぜい10年から20年前くらい前までは、生徒は教師を自分以下の存在などとは微塵も考えなかった。教師はあくまで指導してくれる人物であり、不満はあっても従うべき存在であった。
教師に、または校則に逆らえば当然制裁が待っていたが、逆に決まりを守りさえすれば反駁も許されていたし、我々子供自身に、またその親にも決まりを破ったのなら教師による制裁は当たり前という認識があった。

それが、一部の教師による行きすぎた体罰、暴力が世に知られるようになると、似非人道主義者のバカどもの声が急激に大きくなり、結果教師が子供に手をあげることは例え正当な理由があっても許されない風潮になってきた。厳密にいうと当たり前のことを大きく取り上げる知能の低い連中の声が大きくなった。
結果、どうなったか。
若者の質は落ち、教育レベルは有り得ないほどに低下した。
教育に制裁が必要ないと言い張る連中の、詰め込み教育は良くないなどと偉そうに言う連中の主張が間違っていたことは、既に時代が証明していると言っていい。
そもそも、教育の現場での暴力が問題になったとき、やるべきは行きすぎた暴力を行った者を徹底的に糾弾して、被害にあった生徒を救済できるシステムを作り上げることであったのに、その努力を怠り、必要な制裁と暴力を一緒くたに丸ごと禁止などと言う手抜きを行ったところにその原因がある。
悪いことを悪いことと教えるのに、何故躊躇しなくてはいけないのか。
キレる子供をなぜそのまま放っておくのか。
そんなのは教育ではない。


私ははわるものなので、世の中の流れに反していると知りつつあえて言う。
いい子を育てるだけなら、子供はなにをしても叩かなくてもいい。
でも、いい子をいい大人に育てたいなら、
悪ガキは殴って育てろ。
スポンサーサイト
  1. 2005/09/23(金) 13:09:26|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

教育を考える

今、日本は少しおかしいと思う。
誰もがそう思っているだろう。

少数の自称良心派の似非人道主義者どもが自分たちの中だけで通じている「良識的な行動」を社会全体に無理矢理押しつけてきた結果だ。

例を挙げよう。
子供をしかるな、誉めてのばせ。

と、主張する連中。
お前らに言いたい。
確かに、誉めて伸びる子もいる。叱られると本気で凹んでしまって子供に深い傷を与えてしまうこともある。
だが、
常識の範囲内にある指導までも出来なくしてしまうとは如何なものか?
「高校野球の選手が監督に殴られました。これは大問題だ!!!」
・・・・
ハァ?(°Д°)
お前ら、アホですか?

親や教師にいわれのない暴力を振るわれて、心にも体にも怪我を負った子供を助ける手段、それは必要だと思う。そのことは問題ない。
しかし、厳しいスポーツの世界で、まして団体競技ともなれば、指導に従わない者に対して何らかの制裁を与えるのは当たり前、常識の範囲である。
これが、「制裁と称してコンクリの壁に顔面を叩きつけた」とか「気に入らない生徒を呼びだして個人的制裁を加え、腕ひしぎ十字固めで靱帯を伸ばし、二度とスポーツの出来ない体にした」とかだったら大問題だとして社会的にとりあげ、そうした暴力的指導者を排除する必要はある。しかし、一般に常識として通じる範囲のことまで、当事者の親バカな親が騒いだからと言って大きく取り上げ、結果全国の指導者が適切な指導まで出来なくなってきている現状をどう思うか?
指導者が子供に舐められたら、何一つ教えることなど出来ない。
一度でも人に何かを教えたことがある人なら判るだろう。
こちらをバカにしている相手に、どれだけ丁寧に教えようとしても相手は理解しようとしない。
子供の頃を思い出して欲しい。
「普段は怒らないけど、悪いことをしたら怒る」
という、叱る行為を伝家の宝刀にしている先生の言うことは素直にきかなかったか?
今の日常でもいい。
毅然とした態度をとる人には、不思議と従ってしまわないか?

・・・と、だいぶヒートアップしてきたところですがそろそろ仕事を始めないと俺の方がダメ人間になってしまうので、折り紙の話など微塵も出ないまま明日に続きます。(笑
  1. 2005/09/22(木) 10:29:34|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

嬉しいことなんだが

ここ2,3日妙にアクセスが多いな、と思っていたら何か小松さん(俺と同世代の人らしい)と言う人のブログの記事からリンク貼られていました。
軽く見た感じだと超理論派・一枚折りにこだわる人のページらしく、結構有名らしかったんですが、何しろ俺は群れるのが嫌いなので折り紙関連の学会なんかには一切関係を持ってないですし、その主張に従うつもりも、交流を持つつもりも(今のところは)ないので全然知りませんでした。(爆)
失礼でごめんなさい。m(_ _)m

と、いうかこのブログで紹介してる折り紙はプロの人から見たらムダ多すぎだと思うので何か恥ずかしい・・・・(-_-;;;

ま、まあほら、「文房具屋で売ってるような普通の紙で折る」「誰でも覚えれば折れる」「切った方が綺麗だったらガンガン切る」「一枚?組み合わせた方が綺麗じゃん」なんていう折り紙にこだわりを持つ人から見たらアホかと言いたくなるような主義主張ですからカンベンしてください。

そしてもう一つ驚いたのがこの小松さんという人のサイトは英訳されていて、外国の方も見てるんですね。アメリカ・台湾・スイス何かから見られてましたよ。びっくり。
ただ、「テキトー」が、"Beefsteak toe"と訳されていたのには爆笑しました。
「テキ」がビフテキ、「トー」がそのままtoeなんですね。翻訳ソフトGJです。(笑)


でも、これだけは言いたい。
これだけアクセス増えたのに・・・

誰一人広告クリックしてくれないのは何故ですか?(泣)
そして、誰もコメントくれないのは何故ですか?
(ノД`);・ウワアアン


・・・やっぱりもっと騙されて踏むような形にした方が良いのかしらん?(´・ω・`)
  1. 2005/09/13(火) 14:58:26|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クマさんを作ろう2

さて、前回クマのつもりで作ったら犬と言われたので少し工夫してみました。
脚を細めに。
そして顔を大きめに。
それと、クマにしかできないポーズをさせてみました。

kuma2.jpg


どんなもんでしょう?(´・ω・`)

もう少し角度きつめに。

kuma3.jpg


クマっぽくないかな~。
自分ではクマに見えるんですが・・・


試作一号と共演させて今日はシメ。
kuma4.jpg

  1. 2005/09/10(土) 21:17:09|
  2. 動物折り紙
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クマさんを作ろう

数年来、いや、十数年来ナゾなことがあります。

「ある~日、森の中、クマさんに・・・・」

そう、童謡、森のクマさん。

あのクマは、一体何がしたかったんでしょう?
何から逃げろと言ってるのか、逃がしといて何でわざわざ白い貝殻の小さなイヤリングなんか届けに追いかけるのか。
逃げるのを追いかけるのに興奮するたちなのかも・・・(-_-;;

まあそんなことを昨日思い出しまして、少しネットで調べてみたら英語の歌詞があってそれを直す過程で生じた矛盾なのかも、と言うことでした。
詳細は謎のままですが。
(英語の歌詞だと、クマさんはもうかなり凶暴な熊で、「鉄砲も持ってねーくせに俺様から逃げないのか?おのれは?」みたいな感じでした。)

で、そういえば熊は折ったことが無いなぁ、と思い、ちょっと試しに作ってみました。
4足歩行の哺乳類なのでセオリー通り鶴の基本形2枚で構成してみます。

くまさん


うーむ・・・(-_-;
微妙な出来具合。ついでに写真もピンぼけになってしまった。
そもそもクマって、あんまり飛び抜けた特徴がないので表現しづらいんですよね。
しかも日本人の場合一部地域の人を除いて日常的に見かける動物でもないのでイメージが湧きにくいですし。

すこし後脚が太すぎる気がするのと何となく全体にコンパクトな感じがして凶暴性が感じられないので出来上がりとしてはイマイチ。
もう少し改良しないといけまへんな。

そして、後輩を捕まえて「ね、これ何に見える?」と、きいてみたら・・・

「犬ですか?」


Σ(-Д-;) あう。
ワカタヨ、モトガンバルネ、ワタシ。orz
  1. 2005/09/07(水) 09:09:27|
  2. 動物折り紙
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カトリーナ

今日は(も?)折り紙とは無関係。

アメリカ、ニューオリンズではえらいことになっていますね。
悲しい現実ですが、こうした災害が起きたとき、日本以外の国ではデフォルトで略奪が起こります。
みんなが辛いとき、助け合うよりも先に自分が生き残ることを考えるのは人間の本能なのかも知れませんがその結果かえって救援が遅れ、人々の苦しみはます一方。
災害が起きたとき、略奪という選択肢を思いつくことすらない我々日本人は世界的には甘ちゃんなのかも知れませんが、そういう発想自体育たない文化・風土が、サムライの国という伝統が、同時に我々の力であると思います。
同じようなことが日本で起きたとき、略奪などと言う恥ずべき行為が日本では起きないことを、心から祈っています。

私はアメリカという国は嫌いですが、そこで生きる人々を、仮にも同盟国である我々が見捨てるべきではないと思います。
郵政民営化なんてくだらないことを論議してるヒマがあったら自衛隊の1個旅団でも(出来たら1個師団でも)派遣するべきだと思うんですがねぇ。
  1. 2005/09/03(土) 22:16:53|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ゾウ

さて、そろそろちゃんと折り紙を載せないと
タイトルがウソじゃん、とクレームがきそうなので自分のオリジナルでなくて心苦しいのですが子供に人気、ゾウさんなど。
ゾウ

24cm正方形、1枚、不切です。

ゾウの折り方には何種類かあるのですが、私はこのゾウが一番それっぽくて好きです。
折り方は10年くらい前に折り紙の本を立ち読みして覚えました。
どの本だったのかは今もって不明。(-Д-;)

今回いつもより少し大きめの紙で折っています。
これは折り方が難しいからではなく、折り上がったときの大きさの問題です。
いつもの15cm正方形に比べて一回り大きい紙で折りましたが2枚折り、3枚折りの動物に比べるとやはり小さめです。
いつも通り組み合わせで大きくしても良いのですがこういう単純な折りのものを組み合わせで作ろうとするとどうしても一つのパーツを折る回数が減ってしまい、見た目がショボくなるのと、強度において問題が生じるのとでこのゾウの発展形としての組み合わせ成形は断念しました。
よりリアルなゾウを造ろうとたまに研究しています。(W
すいません、ちょっと本業が今忙しいものでたまにしか考えてないんです・・・(-_-;;;

このゾウはオリジナルではないため折り方は載せる予定はありませんが、もし折り方を知りたい方が居ましたら私までご一報下さい。
  1. 2005/09/02(金) 08:56:51|
  2. 動物折り紙
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日は宣伝。

今、知り合いの人のやってる劇団が公演を行っている最中です。

http://www.venus.dti.ne.jp/~bo-tanz/flame.html

面白いのは絶対に保証します。
誰か見に行ってください。


て言うか・・・・友人・後輩を捕獲して連れて行くつもりが・・・
誰も捕まりゃしねぇ。
Σ(-Д-;) ガーン


S巻さん、宣伝したからカンベンして。(T_T
  1. 2005/09/01(木) 08:45:32|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

わるもの

08 | 2005/09 | 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Recent Entries

【格安レンタルサーバを紹介してお小遣いGET!】 【初心者からプロまで気軽に使える格安サーバはココをクリック】

Recent Comments

最高級ひな人形を驚きの低価格でお届けします ★彡 子供英会話教室をお探しの方は必見です! ★彡

Recent Trackbacks

Archives

Category

黒酢屋本舗 ケーイーレスローションフォーメン【問屋さん.net】

Links

Search

ケーイーレスローションフォーメン【3本セット】【問屋さん.net】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。