わるもののテキトー折り紙日記2

趣味レベルの折り紙についてのブログです。   折り紙のコンセプトは 「一枚、不切にはこだわらない」ことと、 「誰でも折れる」ことです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

チンチラ(未完成)

ええと、ですね。

だいぶ・・・・ですね、更新してなかったわけですよ。
理由を言うとですね。
なんと今週、もう今週なんですが博士論文の予備審査というのがありまして今結構テンパっておるとです。

そんなわけで特に更新のアイデアもなかったのでタヌキを作るときに考えていたチンチラをアップすることに。
まだ未完成品なのでいずれもう少し手を加えることになると思います。

チンチラ1

チンチラ2


15cm正方形1枚、不切、リスの基本形をいじってます。

て言うかですね、もうまるっきりリスそのもの・・・(-_-;;;
マイナーな動物を作るのは正直難しいです。はい。
そもそもチンチラって動物を見たことある人は少ないのでどう折ってもイメージを持って貰えないのですよ。(-_-;
でもそういえばチンチラの毛皮のコートというのを山○優がブランチの姫様のコーナーで着てた気がする・・・

全然似合ってなかったけどな!

まあ小娘が毛皮なんざ着てもあかんと言うことですな。
毛皮が一番よく似合うのは悪趣味な成金ババァですよ。うん。
スポンサーサイト
  1. 2005/11/28(月) 10:36:37|
  2. 動物折り紙
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

前々回、タヌキを折りました。
タヌキと来たら次はやっぱり・・・キツネだよね?
そんなこと言われました。
自分でもそう思いました。
思いはしましたが・・・・
キツネ、キツネね。はいはい。・・・。

よし、良いですか、皆さん、今日俺はキツネを折りました!
折ったのはキツネです!キツネだよ!

狐1


どうでしょうか?
狐ですよね!

よし、これだけ言っておけば「顔の長い犬」なんて言い出すヤツもいなくなるだろう。(笑

いやぁ、タヌキのところでも少し触れましたが形の変化だけで表現するのが難しい動物っているんですよ。
ライオンの雌の尻尾の折り方を変えて「虎」と言い張っても誰も虎には見てくれないし。
私は折り紙を考える段階では「これ、何に見える?」と、人に聞いてみて出来具合を確認しますが、一度折り方が決まったあとでは「これ、~だよ。」と、言ってしまいます。
相手に先入観を与えてしまうわけですね。するとたいていの人がそう見えるようになるから不思議です。

で、まあ実際リアルに折るとあんまり犬と見分けがつかないので、タヌキと同じような折り方で「童話の狐」も折ってみました。
狐2


昔話とかに出てくる人を化かす狐のイメージ。
ずるがしこく見えるように顔を思い切り細くしてみました。
中国の伝承では狐にはランクがあって、年を経るごとに妖力が増すとか。
比較的ランクの低い狐は人に化けるのに頭蓋骨がいるとかそういう伝承もあった気がします。テキトーでスイマセン。m(_ _)m
ちなみに陰陽で言うとタヌキは陽、狐は陰だそうで。狐には女性的なイメージがあるようですね。
あと、人を化かす狐で伝承に残る有名な妖狐と言えばやっぱりアレですよね。金毛白面九尾の狐の玉藻の前。尻尾の数が多いと強いんでしょうか。やっぱり。

ま、そんなめんどくさいもの折りませんがね、私は。(;゜◇゜)クワッ
  1. 2005/11/11(金) 09:21:42|
  2. 動物折り紙
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

実験動物を使うことについて。ちょっと思ったことなど。

今日ネット検索をしていて、動物実験に反対する人たちのHPを少しですが見ました。
自分が動物実験をしている側だからでしょうか、正直、主観的要素が強すぎる様に感じました。
各実験がそれぞれどんな目的で行われ、どんな結果を得るために動物を殺しているのかをあまり考慮せずに、とにかく「可哀想だから辞めるべきだ」と主張しているようにしか見えませんでした。
私も、無意味な動物実験は廃止するべきだとは思います。しかし、謎の多い生物学の分野では、何が意味があり、何が無意味であるかというのは全く予想が付きません。
研究とは、ピラミッド型の建物を造るのに似ています。
まず、土台となる基礎研究が広範囲にわたってあって、その上に少しずつ少しずつ成果を積み上げていかなければいけません。
日本の研究行政はこの辺が判っていなくて、努力目標の明確な工学分野の研究に対する考え方の如く、「すぐに利益に直結する研究以外には金を出さない」という馬鹿げた姿勢をとっています。
それはもちろん、研究者なら誰もがピラミッドの頂点の研究をし、最先端の技術を駆使して利益を生み出したいと考えています。しかし、そのためにはまずピラミッドがなければいけない。
それなのにピラミッドの基礎を作ろうとする実験には殆どと言っていいほど研究費が出ないのです。
その結果、研究者の多くがろくな基礎データもそろわないまま無理矢理高みを目指そうとし、また少しでも土台を築くと多くの研究者がそこに殺到して頂点での研究をしようとします。これは丸太1本の土台の上に楼閣を築くが如くですから、非常に危ういことなのですが、研究者も食べていかなければなりませんからお金の出るところで仕事をしたがるのは当たり前です。
また、土台がない研究は出来ませんから細い土台の上での研究はすぐに行き詰まります。すると今度は容易な予測の範囲内で論文を乱発して結果として「高い評価」を得ると言う行為が流行ります。いや、既にそれが主流になっていると言っても過言ではありません。
これが日本の科学の実態です。改革は確かに必要です。そう思います。
と、少し脇道にそれました。
閑話休題して、動物実験に反対する人々の話に戻ります。
「『動物実験の殆どは結果には直接関係のないものだった』という証言を得ている」と、件のサイトには書いてありました。
当たり前です。
最初から結果が分かりきっている学生実習の実験と勘違いしてはいないでしょうか?
複数の仮説を立て、それに沿って実験計画を練り上げ、その上で最小限の動物を犠牲にして、それでも無意味な結果を出してしまうのが研究目的での実験です。
始めからどんな実験もうまくいくのであれば研究などする必要がないのです。
その辺に理解が足りないように思います。
基礎研究をおろそかにすると、それこそ多くの実験動物の犠牲が必要になり、かえって彼らの主張に反するように思うのですが・・・
また、「医学目的での実験」と、その基礎となるべき「生物学の実験」を同一視してはいないでしょうか?
ヒトの病気の研究のためにはヒトを使った実験が必要、そんなことは当たり前です。
しかし、ヒトで起きない現象を研究し、それをヒトに応用することを考えた場合、そのための実験はその動物を使わなければ出来ないと思うのですが?

私は、イモリを使って網膜の再生について調べています。
この研究の成果がいつの日か必ず人類の役に立つと信じています。私はイモリが大好きですが、実験のために心を鬼にして彼らを殺します。殺しますが、出来るだけ彼らの命をムダにしないように心がけています。
その生物のスタンダードとして強力な再生能力を持つ脊椎動物は有尾両生類以外には知られている限り存在しません。その研究をヒトまたはヒトの細胞を使って行うことは出来ません。
研究に研究を重ねた結果、あるいはこの研究が無駄に終わる可能性もあるかも知れませんが、それを今の段階で決めることは誰にも出来ないはずです。
将来実験動物から得られた結果による利益が人類にもたらされたとき、その恩恵を受けることを完全に拒否するだけの気概がないなら、安易に実験動物の使用を否定しないで欲しいものです。


・・・と、言うことで今日も折り紙とは微塵も関係のない話でした。(-_-;;
  1. 2005/11/04(金) 16:21:07|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

タヌキその2

ええ、昨日の新作、「タヌキ」がですね、思いのほか不評でして・・・・
(´・ω・`)

なんか、
「リスにしか見えない」
「尻尾長すぎ」
「リスでもタヌキでもない中途半端な出来」

と、酷評を受けております。orz

そこで、少々改良を加えました。
おとぎ話のタヌキより実際のタヌキに近づけて尻尾を小さくし、また前脚の向きを下向きにしてみました。
タヌキ


今度はタヌキっぽいと思うのですが・・・どうでしょうか?

--
おとぎ話や童話のタヌキというとなんか滑稽なイメージがありますが、それは実のところ近世に入ってから定着したイメージで、それ以前に出来上がっている昔話ではもっとおどろおどろしい雰囲気を出している動物、イヤ、妖怪です。
例えば真っ先に浮かぶのはやはりかちかち山のタヌキでしょう。
お婆さんを殺してその肉をお爺さんに「婆汁」として喰わせるタヌキは近世以降の福の神的要素の加わったタヌキからは想像も付きません。
人を食う狢(むじな)の話なんかもよくありますよね。

ところで、タヌキとムジナ、この区別は実は地方によって違うそうです。
本来ムジナとはアナグマを指すそうですが地方によってはタヌキを狢、アナグマを狸と呼んだり、あるいはハクビシンを指したりするとか。
最近ではついアライグマとイメージが混同してしまいますね。
私の昨日の作品もアライグマのイメージが混ざり込んでいる気がしてきました。
(^_^;

生物学をやっている人間としてはあるまじきことでしたね。

でもまあ、ほら、昔話の狸のイメージで折ったわけですから・・・
こういう「外見的な特徴よりもイメージの方が強い」動物を折るときにはイメージ優先になっちゃうもんですから・・・カンベンしてください。m(_ _)m

ていうか実際リアルな狸を折っても多分おでぶな犬と見分け付かないと予想。
Σ(-Д-;)
  1. 2005/11/01(火) 17:10:42|
  2. 動物折り紙
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

わるもの

10 | 2005/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

Recent Entries

【格安レンタルサーバを紹介してお小遣いGET!】 【初心者からプロまで気軽に使える格安サーバはココをクリック】

Recent Comments

最高級ひな人形を驚きの低価格でお届けします ★彡 子供英会話教室をお探しの方は必見です! ★彡

Recent Trackbacks

Archives

Category

黒酢屋本舗 ケーイーレスローションフォーメン【問屋さん.net】

Links

Search

ケーイーレスローションフォーメン【3本セット】【問屋さん.net】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。