わるもののテキトー折り紙日記2

趣味レベルの折り紙についてのブログです。   折り紙のコンセプトは 「一枚、不切にはこだわらない」ことと、 「誰でも折れる」ことです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

フナムシ

と、言うことで今回はメジャーな動物を折りましたよ!
フナムシです。
イヤ、まあツッコミは後にして下さい。(-_-;
フナムシ


15cm正方形3枚、不切です。
ちょっと触覚が短くて尻尾が太くしかも尻尾の先が二股になっていないためにどちらが前か少々判りにくいですが一応画面左上が頭です。

フナムシは多分誰でも見たことがあると思います。
海にいくといますよね。岩場とか防波堤の上とかををものすごい数で這い回ってて近づくとカサカサッと逃げていくアレです。
英語ではWharf RoachまたはSea Roachというそうで。日本語にすると波止場のゴキブリとか海ゴキブリ。Σ(-Д-;) ガーン
確かに動きはそっくりです。でも何故かゴキブリと違って平気でつかめてしまうのは生活に密着していないのと飛ばないからでしょうか。

さて、ここのところかなりマニアックなネタが続いたのにはちょっと事情がありますです。大学で隣の研究室はフナムシをやっていまして、そして知り合いはカブトエビとか節足動物の分類をやってまして、その辺からリクエストがあったわけですね。
イヤイヤ、今どこの研究室も「世間に開かれた研究」にしようと躍起になってるわけで、簡単な折り方で自分たちの使ってる動物を表現できたらイベントとかで一般のヒトに、イヤ、人に(笑)配ったりできるわけです。
こういう皆さんに受け居られるようにという地味な努力もこれからの研究者には必要になってくるらしいです。


ま、多足系は元々好きじゃないしちょっと飽きて来たのでいいかげん本道の脊椎動物に戻ろうかと思いますが。(-_-;;
ただ次のネタを思いつくのはいつになることやら・・・
多足の生き物は種類が多いから応用が利くんだよな~。(^_^;
スポンサーサイト
  1. 2006/08/17(木) 09:06:05|
  2. 動物折り紙
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

終戦記念日

今日は終戦記念日ですね。
世間では首相の靖国参拝について大騒ぎです。
私なりの意見を言わせていただくと首相は最初から15日に参拝するべきだった。
これにつきます。
任期の最後に1回だけ参拝するなんてのは後は野となれ山となれ、って感じで非常に後味が良くない。
今まで参拝し続けた結果、世界中で特定アジア三国だけが騒ぎ立ててあの三国との外交関係が悪化したわけで、それだったら最初に15日参拝をして、無理矢理でも毎年やってたら最悪からの回復ということも出来たのに。
て言うかですね、たかだか国内の一行事に過ぎない戦没者の追悼が外交問題にされてしまう、それを外交カードに使われてしまうってあたりが日本外交下手過ぎです。
奴らががたがた抜かすなら「じゃあヤメてやるからなんか見返りよこせ」くらい言わないとダメです。外交は基本的に戦争と同じなんで、他所の国に何かをやらせる、自国以外の国から何かをせしめるのが当たり前なのにやたらと善人ぶってきたからこんなことになるわけで。
日本の政治家はもっと悪人にならないといけません。
イヤ、小悪党は多いか。(-_-;
中国にいつまでも金を送り続けて自分の懐を暖め続ける売国奴とかいるしな。
より正確に言うなら愛国心を持った上で他所に対しては邪悪にならないといけないです。
後に続く安倍さんには是非毎年終戦記念日の参拝をして逆にこちらがそれを外交カードにして欲しいもの。
「国内行事という内政に関する干渉に対して譲歩してやるんだから要求してきた側もそれなりに誠意を見せるのが当たり前」くらいの意気込みを期待します。
  1. 2006/08/15(火) 13:47:49|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カブトエビ

マニアックなネタが続きます。
前回のカブトガニにあやかって今日はカブトエビ。

・・・と、言っても判る人は果たして何人居るものか・・・(´・ω・`)
昔は田んぼの中とかに普通に居たもんですが・・
あと学研かなんかのの教材で自宅で卵から育てたり。
カブトエビ

本物はカブトガニよりずいぶん小さいですが折り紙だと大きさはほぼ同じ。
15cm正方形1枚です。
風船の基本形から半分だけアヤメしてます。
脚もつけようかと思ったんですが何しろ70本くらいあるらしいので断念。(笑
久しぶりに折り紙の方が実物より大きいものを折りました。(^_^;

カブトエビは淡水性プランクトンの一種でたしか分類学的にはホウネンエビとかと近かったはずです。ホウネンエビと同じように普通に目に見える大きさ、2-3cmくらいにはなったはず。って、ホウネンエビが判らない人も大勢居る予感がして来た(W
田舎の出身の人は知ってるはず。又は家の近くに水田のあった人。
・・・・・読者の中に居ないかもしれん・・・orz

まあそんなわけで次はなんとかもっと知名度の高い動物を折ってみますですハイ。(`・ω・´)>ビシッ
  1. 2006/08/10(木) 18:48:14|
  2. 動物折り紙
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

カブトガニ

さてさて、久々の新作ですよ。
ちょっとメジャーだかマイナーだか判らない動物ですがカブトガニです。
カブトガニ01

ここに至るまでの試作品の中にはもっと忠実に再現(と、いってもまああくまでこれと比較して、の話ですが。)出来ていたものもあったんですが結局再現性の高さ、印象の伝わり易さ、何より折り方の簡素さからこれを最終バージョンにしました。
15cm正方形2枚、不切です。
甲羅部分だけなら1枚で出来ますので通常はこれだけで良いかと思います。

カブトガニ02

肢はこんな風になってます。本当の肢のつき方は大学生の頃授業で習ったんですがすっかり忘れてしまったのでとりあえず10本にしておきました。(笑



カブトガニ03

横から見るとこんな感じ。やや体が浮いてるんでその辺はリアリティがないかも。
肢もちょっと長過ぎですね。
やや小さめの紙で折った方が良いかもしれません。
  1. 2006/08/09(水) 18:37:52|
  2. 動物折り紙
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

誕生日にあったちょっとした出来事

去る4日は誕生日だったわけですがちょっとした事件があったんでネタとして報告。
(*ただし中身は実話です)別の場所で既にさらしたネタですけどね。中々貴重な体験だったのでこっちにも。

その日、誕生日といえども独り身で誰にも祝ってもらえない私は仕事を終えて小腹が減ったので「角●じ」という大盛りで有名な近所のラーメン屋に行きました。
カウンター席にて結構待たされてから注文した温野菜つけ麺が運ばれて来て、何も考えずにがつがつと喰い始めました。
すると、スープの中に何やら奇妙な具が・・・
ん?なんだこの黒くて肢が付いてるみたいに見えて細長いものは・・・

ガ━━(゚Д゚;)━━ン!

む、じゃんか!

もう半分以上喰っちまったよ・・・orz
ま、まあ見たところ肢の長さとあごの形から見てハンミョウの一種っぽいしゴキブリじゃないわけで、よく煮込んであるから特に害もないわけで、何よりお店は満員でお客さんがいっぱいいるから大騒ぎしたらお店の人が気の毒なわけで。
イヤ、まあ単純にこれくらいのことで大騒ぎするのが嫌だったんですが(格好わるいし)、それでもお店の人に教えとかないと小さいことで大騒ぎするお客にうっかり出しちゃったらことです。一応呼び止めましたよ。
わるもの:「すいません、あのね、大したことじゃないんだけど」
店員:「はい」
わるもの:「ちょっと変わった具が入ってたから、気をつけて下さいね」
店員:「うわ!す、すいません。Σ(-Д-;) 」
慌てて奥に駆け込んでいきました。
この店は食券制でもうお金は払ってあるし、途中まで喰ったし、ここで急に喰うのヤメて出て行ったらせっかくこっそり教えた意味が無くなるし、と、そう思って我慢して残り全部喰うことにしました。が、よし、やっと騒ぎにせずに喰い終わると思った頃にさっきの店員さんが。
店員:「すいませんでした。料金お返ししますんで。」
わるもの:「・・・ああ、そんな気を使わなくてもいいのに」(でもうけとる)
そして私の心の中。

・・・あのな、お前、俺が気を使って目立たないようにしたんだから俺の帰り際にこそっと渡すとかしろよ!

・・・とか思ったわけですが今更喰うのをヤメるのもなんかアレなので気合いを入れて(表面上は平静を装って)完食しました。
何がまいったって隣に座ってたおっさんが気づいてこっちをガン見してるのがまいった。(笑)おかげでますます途中でヤメられず。orz

と、いうことで折り紙とは全く無関係でしたが今日はこの辺で。
やれやれ、とんだ誕生日だ。(T_T)
まあでもタダ飯喰えて良かった。(゚∀゚)アヒャ
  1. 2006/08/07(月) 09:08:51|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

そして誕生日なわけです。

そんなこんなで気がつけば年を取っていました。
こっそりカキコでお祝いして下さった方どうもありがとう。感涙です。(´Д⊂)

さっき博士論文を書き終わったと思ったら早速ダメだしで、ていうか追加事項の指摘を受けて悪戦苦闘中。
まあどうにか期限には間に合うかなぁ~(´・ω・`)

え、なんでこんなとこを更新してるのかって?
それはアナタ、


現実逃避ですYO!
  1. 2006/08/04(金) 15:33:16|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

折り方「ライオン」その4

夕べの世界戦を見て、ボクシング終わったと思いました。
あの礼儀知らずの若造はどう見ても負けです。判定覆すのにいくら使いましたか。
でもまあ解説が「あの」鬼塚だったあたりである程度は予測していましたが。(笑)

それはまあおいといて、(・_・ノ)ノヨイショ

今日は百獣の王者ライオンを完成させましょう。
昨日まででもう体は完成していますので今回は「たてがみ」を作ります。
ライオン37
まずは基本形二艘舟を作ります。中心に辺を合わせて折り畳みます。
・・・と、書き始めたわけですがよくよく考えるとここら辺は特に何も書かなくても判る気がして来ましたので画像だけ並べていきます。(手抜きとも言う)
ライオン38

ライオン39

ライオン40

ライオン41

ライオン42

ライオン43

ライオン44

ハイ、出来ました。これが基本形二艘舟です。二つ折りにすると双胴船のようになるので私はこう呼んでいます。一般名称も多分似たようなもんでしょう。(調べる気なし)
図43の形までで「家」とか子供の頃言ってた気もしなくもないですね。結構いろいろな形に出来る基本形の一つです。

ま、閑話休題。
この基本形の「船」の片方を3-4回くらい蛇腹折りにします。
ライオン45

ここはなるべく丁寧に折って下さい。出来る限り裏地が出ないようにした方が仕上がりが奇麗です。折り目は図で言うと手前が上になるような折り方、言い換えると一番幅の広い部分の折り目が山折になるように折って下さい。(画像参照)

これを二つ折りにして、ライオン46
ライオン47

先ほど蛇腹にしたのと反対側を内側へ折り込みます。ライオン48
判りにくいときはもう少し先の図を見ると判るかも。


そしてこのように外側へ向けて細く折って、
ライオン49
ライオン50

内側の一枚を引っ張り出します。ライオン51
ライオン52


これで「たてがみ」の完成。

それでは出来上がったパーツをそろえましょう。組み立てにはいります。
ライオン53

たてがみの蛇腹折りになった部分を頭部に向けて、頭の折り具合に合わせて開いたりして形を整えつつ、反対側の下部を後半身の背中に差し込んで下さい。
ライオン54

はい。出来上がり。
ライオン55

このライオンは良く「ライオンキングみたい」と評されます。エエ、確かに少し意識してデザインしました。ディズニーがジャングル大帝をパクったアレです。
私は手塚治虫の方が好きなんですがでも最近の若い人や海外の人には素直にライオンキングと言ってしまった方がらくだし英語で言ったら結局同じです。Σ(-Д-;) ガーン
なので、作品名「ライオンキング」と言うことで折ってもいいかも。w
図55はちょっと写真とる前に前足が歪んでいるのに気づかずに撮ってしまったのであまり奇麗じゃないですがご勘弁を。(^_^;
顔の部分をもう一段折ったり、尻尾にカーブをつけたり、もう一工夫できるポイントはたくさんありますので皆さんで工夫してみて下さい。夏休みの工作として提出は出来ないと思いますが・・・(-_-;;

そしてもしこれを見て折って下さった方がいましたらぜひ一言いただけるとありがたいです。
  1. 2006/08/03(木) 09:44:34|
  2. 折り方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

折り方「ライオン」その3

さてさて、今日はライオンの折り方第3回です。

いつも通り朝のひと仕事をさぼってのアップですのでやっつけ仕事脱力系な内容ですがご勘弁を。(-_-;

ライオン20

ま、とにかく折っていきましょう。今回は後半身の作製です。
もう一つの方の鶴の基本形を手に取りましょう。図のように「羽」の一枚を下に折り下げて「背中」の部分の三角を露出させます。(言うまでもないとは思いますがカギかっこで囲んであるのは鶴の一部の名称として使っているからです。ライオンに羽や三角の背中があるわけではないのであしからず。イヤ、何しろこの時期わけの判らんクレームつけてくる人が稀に居るもので・・・)

次に脚の部分を折り出します。
ライオン21

中割り折りで90度曲げて下さい。ライオン22


次にしっぽを作るための準備にはいります。
ライオン23

鶴の「背中」にあたる三角の部分を図のように折って折り目を付けて下さい。後で紙の「ゆがみ」が出るのを利用するだけですのでそれほど厳密に中心に合わせる必要はありません。(正確にはこの折りは要らないのですがこう折っておくと後で奇麗にまとまるのです)ライオン24
こんな折り目がつくはず。

続いてしっぽを細く折っていきます。
紙が光ってしまって少し判りにくいですがこんな風に開いて、ライオン25

上部をつぶしながら細くします。ライオン26

両方やってライオン27
こうなればOK。
図で見ると判りますがしっぽの先はぴったり合わせません。わずかに広げます。ここ重要。(`・ω・´)

二つ折りにして
ライオン28
「お腹」が出っ張っているとかっこわるいので図のように内側に折り込みます。

次にライオン29
ライオン30
このようにしっぽに角度がつけられるようにするために一度折り込んでから戻します。
この折りによって尻尾に折る余裕が産まれるので内側に折り込んで先端を残して細くします。
ライオン31
言い換えるとこれによって先端を太く見せます。

ライオンのしっぽはとても重要です。黄道12星座の獅子座のシンボルもライオンのしっぽをモチーフにしています。ネコ科動物としては珍しい先にふさのあるしっぽを表現しないとたてがみがあってもライオンらしく見えなくなります。注意。

ライオン32

このままでもいいのですが、横からの視点で構成している作品ですのでシッポをねじって横から見え易い形にします。軽くひねるだけで良いです。

後はライオン33
前半身と同じように脚を細くしつつ足を作れば後ろ半身の出来上がりです。柔らかい紙の場合には少しぐねぐねにしてあげるとそれっぽいかも。

接続はこんな感じになりますのでライオン34

脚の長さや前半身の胴体部の角度で調節しておいて下さい。ライオン35
前半身の胴体部の先端はこのように曲げて「支え」を作ります。
ライオン36

後はたてがみが出来れば完成です。
  1. 2006/08/02(水) 09:51:07|
  2. 折り方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

折り方「ライオン」その2

と、いうことで第二回。
昨日頑張りすぎたんで今日はちょろっとだけアップします。
ライオン16

まずは昨日の最後の状態から両足とも折ったところまで。
このままだと脚が太いのでちょっとだけ細くします。ライオン16補足



そして今度は掌を作ります。
足を開いた状態にして
ライオン17

ひっくり返して下から見るとこうなっているはず。


ライオン18

まずは三角形の頂点を内側に折り曲げて下さい。こだわる人は一度広げて完全に中に畳んでしまってもいいですがどうせ足の裏は地面にたたせると見えないので問題ないでしょう。(^_^;
逆にこだわらない人はここでヤメてしまってもいいです。(-_-;


そうでない人は「かかと」に当たる部分の頂点を内側に折り曲げて下さい。
ライオン19

こんな感じ。
これを両方やっておいて下さい。
ちょっと少ないですが今日はここまで。(^_^;

ところで今日から八月ですね。
私が子供の頃は八月一日は登校日で、八月生まれの子供で唯一、1日生まれの子供だけ友達にお祝いを言われていた記憶があります。そして私は4日生まれなので子供の頃友人に祝ってもらった経験なし。Σ(-Д-;) ガーン
そして今でもあまり祝ってもらえません。ていうか祝ってくれる人なんか居ません。orz
イヤ、祝ってもらうような年じゃなくなったというのもあるわけですが。(笑
・・・いくつになるのかって?
・・・・・・・・・云いたくありません。(´;ω;`)
  1. 2006/08/01(火) 09:43:43|
  2. 折り方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

わるもの

07 | 2006/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

【格安レンタルサーバを紹介してお小遣いGET!】 【初心者からプロまで気軽に使える格安サーバはココをクリック】

Recent Comments

最高級ひな人形を驚きの低価格でお届けします ★彡 子供英会話教室をお探しの方は必見です! ★彡

Recent Trackbacks

Archives

Category

黒酢屋本舗 ケーイーレスローションフォーメン【問屋さん.net】

Links

Search

ケーイーレスローションフォーメン【3本セット】【問屋さん.net】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。