わるもののテキトー折り紙日記2

趣味レベルの折り紙についてのブログです。   折り紙のコンセプトは 「一枚、不切にはこだわらない」ことと、 「誰でも折れる」ことです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

折り方講座「馬その1」

暑い日が続きますね。
わるものです。
世間では郵政民営化がどうのこうの言ってますが正直そんなくだらないことよりももっと大事なことがあるだろうと両陣営に激しくツッコミを入れたい今日この頃です。

そんな今日からは何回か連続で前回の小ネタに使用した「馬」の折り方を紹介しようと思います。
ちなみに昨日乗馬経験のある知人に出来をきいてみたところ
「もう少し尻の位置が高くないとね」
って言われました。
まだまだ精進の必要があるようです。orz

ま、それはおいといて。(・_・/)/ヨイショ

まずは材料です。馬・素材


鶴の基本形を3つ使用します。
基本形の折り方については以前ご紹介しました。
判りにくくてもいろんなところに出回ってますからこれくらいは作ってください。(傲慢)

さて、今日はパーツ1、頭部を作製しましょう。

頭1

鶴の基本形を中心から2つ折りにします。

頭2

重なっている方の頂点を一枚前方向に折り曲げて顔にします。
このときの大きさで結構印象が変わります。

頭3

顔にした部分の逆側を内側におり込みます。ここが耳になります。
しっかり折り込まないとあとでしわになります。
顔にも表情をつけるために先っぽを折り込んで馬の口っぽくしわを入れておきます。


頭4

判りにくいかも知れませんが、耳の部分を内側に折り込み、カドが三角になるようにします。
だいぶ馬らしくなってきました。


頭5

下の部分を二枚とも真横よりやや上くらいまで中割折りで折り返します。
接続部に使用します。
大胸筋を表現するのに使うので余りしわを入れない方が良いですが多少は問題ありません。
首の部分をラインに沿って気持ち折り返すとたてがみが表現できます。
また、この操作により耳に立体感が出ます。
ここまでで、頭は完成です。

接続部に使う下二枚(鶴で言うと首と尻尾に当たる部分)を、脚として使えばこれだけでも
馬の上半身として使えます。
2枚で作る馬(2003年バージョン、小ネタの中の佐藤君)はそのように作りました。
明日は、胴体部に移ります。

折り方がよく分からない方はコメント・メール・チャットなどでお気軽にお尋ね下さい。
スポンサーサイト
  1. 2005/08/08(月) 09:31:57|
  2. 折り方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<折り方講座「馬その2」 | ホーム | 山田君と鈴木君>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://warumono2.blog17.fc2.com/tb.php/22-0ee4fc3e

わるもの

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

【格安レンタルサーバを紹介してお小遣いGET!】 【初心者からプロまで気軽に使える格安サーバはココをクリック】

Recent Comments

最高級ひな人形を驚きの低価格でお届けします ★彡 子供英会話教室をお探しの方は必見です! ★彡

Recent Trackbacks

Archives

Category

黒酢屋本舗 ケーイーレスローションフォーメン【問屋さん.net】

Links

Search

ケーイーレスローションフォーメン【3本セット】【問屋さん.net】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。